ホーム » 未分類 » 美容面で唯一変化が期待できる「ヘアケア」だけは手を抜けません。

美容面で唯一変化が期待できる「ヘアケア」だけは手を抜けません。

容姿や顏に自信のない私だけれど、髪の毛の量だけは自信があり、若い頃は、それが悩みでもあった。「量」が多いと絡まりやすく、さらさらした状態に持っていくには苦労が伴う。そのため、絶えず新しく発売されるシャンプーに振り回される始末、同じシャンプーが半年洗面台にあることはないのが常だった。あれこれいろんな物を試している最中、ある人から「海外製品」パンフレットを頂き、
「オーガニック系なら、海外製品のほうが進んでいるよ。」という話も聞いた。その製品をお試しに使わせていただき、暫く使ってみることにした。特別何か効果を感じたわけではないけれど、私は髪に優しくていい、とされる「オーガニック」というところでこだわりを持ち始め、以降何かとオーガニック系を探すようになった。勿論、巷でも自然派の物は多く出回るようになったので、比較的手には入りやすかったが、何しろ「本物!」「100%!」を謳う製品は値段が高い。それでも一旦いいものを使ってしまうと、なかなかそれ以下にしていく気にはなれなかった。また、試供した海外製シャンプーも悪くはないけれど、もっと何か効果が感覚的にわかるようなシャンプーを手に入れたくなる。数年またあれこれ試しながらの日々で、シャンプー難民状態からは抜け出せないままであった。少し高価な物でも「もしかして、これがいいかも。」と思えば飛びつく有様、最終的には随分高価な固形型のシャンプーに行きついたけれど、髪の量が多いと、使いづらいのは明白である。
勿論、シャンプー探しに熱を上げている途中には、「美容院」選びにも精を出していた。ずっと同じ美容院に通い続けた記憶はなく、長くて3回通ったくらい、私の場合、コンプレックスがあるので、それをうまく隠せる髪型がこだわりだった。そのため、それを上手にやってもらえない美容院は却下、聞いたことに対してアドバイスがしてもらえない場所も却下、作業中のお話に気を使わねばならない場所も却下となると、やはり金額面ではいい方向にいってしまう。いい美容院、人気のある美容師には、それなりの価格が生じる。また、いい美容師さんは独立することも多く、時には割高になることを承知してその人がいる美容店に移行したこともあった。そんなわけで、「割引があるよ」とうたっているような「安い」美容院からはすっかり遠のいてしまって、ヘッドスパなど合わせたら月1万円以上は美容院に費やす生活である。最近は、若いころに悩まなかった髪の「へたり」や「白髪」にも手入れが必要になり、目下それに対応するシャンプー、美容院選びに邁進中である。